Home » マッサージと指の関係

マッサージと指の関係

弱い指先

マッサージをしていてコリをほぐす前に指が先にダウンしちゃうなんて事ありますよね。
とくに奥さんが旦那さんにマッサージしてあげたりした場合、女性の小さな手では限界があります。
特にパンパンに凝った肩や腰をほぐすのは男性でもなかなかしんどいと思います。
本来素人がマッサージする自体が少し危険ではあるのですが、そこはコミュニケーションも兼ねていて大事なツールとなる人もいるのでダメとは言えません。
なので少しでも指の負担を減らせるようにしたいものです。
まず一番にありがちなのが、指だけでマッサージしていることです。
指の力だけで揉んでいてるとすぐ疲れるのは当たり前です。指で押すという感覚ではなく、腕から上半身、身体全体を使ってマッサージする感覚です。
つまり力をかける圧を指だけでなく体重を上手く使って身体で押すと負担が減ります。
また、武器は指だけではありません。肘、かかとなども使えます。肩や腰なんかは肘でやってもいいんじゃないでしょうか。
ただ肘やかかとは指ほどのコントロールがないので誤って骨をゴリったりする危険もあるので注意が必要です。
先ほども言いましたが素人のマッサージは危険がつきものなので、無理をせず、やる側もやってもらう側もそれを理解してやっていきましょう。